こんにちは!三重県鈴鹿市に本社を構え、同県を中心に型枠工事を手掛けている鳥居組です!
建築現場では、さまざまな能力を持った職人さんたちが力を合わせて建物を建設いたします。
では、私ども型枠大工はどのような場面で活躍しているのでしょうか?
今回のコラムでは、型枠大工の活躍シーンについてご紹介いたします。

1.設計・加工


型枠大工のお仕事は、意外にもデスクワークから始まります。
まずは後に建つ建物の柱や壁、梁の寸法、数量などを計算し、加工図をつくります。
次に加工図をもとにして、加工材を作ります。
図面から立体をイメージして、2次元から3次元にしていく工程となりますが、複雑な形状の部分や・勾配などを表現するため、型枠大工としての腕の見せどころとなります。

2.建て込み

準備ができたら現場へ移動します。
現場に印づけされている墨の位置に合わせて、加工材やパネルを建て込みますが、その際水平器などで加工材やパネルの建ち具合を確認しながら、型枠の精度を確認していきます。
ここでつくり上げる型枠の精度によって、コンクリートが固まった時の仕上がりの美しさが決まるため、非常に重要な工程になります。

3.解体

型枠の中にコンクリートを打設したら固まるのを待ちます。
そして、ある程度の強度を確認した時点で、囲っている型枠を解体していきます。
解体後には、仕上げを行う業者さまへ現場を引き渡すため、迅速かつ丁寧に解体工事を行うことが重要です。
型枠大工は建築シーンにおいて、このような場面で活躍しているのです。

型枠大工を募集中です!


弊社は三重県亀山市に拠点を置き、同県中部・北部から愛知県名古屋市まで幅広く活動している土木工事業者でございます。
転職や就職をお考えの方は、弊社と共に明るく快適な地域づくりに貢献してみませんか
鳥居組では、各種建築物の型枠大工工事をメインに引き受けており、今後の事業規模の拡大を見据え、新たな職人さんを求人募集中でございます。
型枠業界での経験は一切不問としており、さまざまな年齢層の職人さん達が、世代の垣根を超えて楽しく仕事ができるアットホームな職場です。
興味をお持ちの方は、採用情報ページよりお気軽にご応募ください。

型枠工事なら弊社にお任せください!

私どもは、戸建て住宅や橋梁・トンネルなどを始めとした各種建造物の型枠大工を行っており、持ち前の高い技術力で社会に必要なインフラを支えております。
一つ一つのお仕事に誠意を持って向き合い、利用する人々の未来を想いながら、安心安全な建物を実現すべくこれからも尽力してまいります。
型枠工事でお困りの際は、お問い合わせページよりぜひお声がけください。
皆様からのご依頼を心よりお待ちしております!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


型枠大工なら三重県鈴鹿市の『鳥居組』へ|求人募集中!
鳥居組
〒519-0133 三重県亀山市下庄町2741-1
携帯:090-4795-4767
TEL/FAX:0595-98-5656