こんにちは!三重県鈴鹿市に本社を構え、同県を中心に型枠工事を手掛けている鳥居組です!
私どもが行う型枠大工では、さまざまな道具を用いて工事を行います。
どの道具も必要不可欠なもので、道具なしには作業は行えません。
今回のコラムでは、型枠大工に必要な道具を数種類ご紹介いたします!

1.ハンマー


型枠大工にとってハンマーは必需品です。
大きく分けると重いタイプと軽いタイプの2種類に分類され、重いタイプの方は主に釘打ちや土を削る際に使用されます。
一方、軽いタイプは、型枠を解体する際に重宝します。
しかし、ハンマーは扱う職人の技術力に大きく左右されますので、熟達者はどのようなタイプのハンマーでもうまく扱うことができます。

2.バール

型枠大工ではバールもよく使用します。
パネルをテコの原理で持ち上げたり、釘を抜いたりする場合によく用いられます。
また、タツノコバールという柄にくぼみがある小さいバールもあり、セパを回す際などに便利です。

3.番線カッター

番線カッターは、番線や釘を切るために使います。
継続も使用していると刃こぼれを起こして切れ味が悪くなるため、定期的に交換する必要があります。

4.スケール

スケールは各種寸法を測るのに使う道具です。
表裏に寸法が記載されているタイプや、ワンタッチで巻き戻るタイプを使用する職人さんが多いです。

型枠工事なら弊社にお任せください!


弊社は三重県亀山市に拠点を置き、同県の一部から愛知県名古屋市までを活動エリアとしている土木工事業者です。
トンネルや橋梁・戸建て住宅などを始めとした大型建造物の型枠大工を行っており、持ち前の高い技術力で社会に必要なインフラを支えております。
私どもは一つひとつのお仕事に誠実に向き合い、利用する人びとの未来を想いながら、安心安全な建物を実現すべく日々努力を重ねております。
型枠工事でお困りの際は、お問い合わせページよりぜひお声がけください。

型枠大工を募集中です!

転職や就職をお考えの方は、私どもと一緒に明るく快適な地域づくりに貢献してみませんか?
鳥居組では、社会に必要な建築物の型枠大工工事を一手に引き受けており、今後の事業規模の拡大を見据え、新しい職人さんを求人募集中です。
業界経験は一切不問で、幅広い年齢層の社員さん達が世代を超えて楽しく仕事ができるアットホームな職場です。
興味をお持ちの方は、採用情報ページよりお気軽にご応募ください。
皆様とお会いできる日を楽しみにしております!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


型枠大工なら三重県鈴鹿市の『鳥居組』へ|求人募集中!
鳥居組
〒519-0133 三重県亀山市下庄町2741-1
携帯:090-4795-4767
TEL/FAX:0595-98-5656