こんにちは!三重県鈴鹿市に本社を構え、同県を中心に型枠工事を手掛けている鳥居組です!
大工にはさまざまな種類がありますが、私どものような型枠大工とはどのような違いがあるのでしょうか?
今回のコラムでは、他の代表的な大工との違いをご説明いたします。

1.型枠大工と木造大工


私どものようなコンクリート打設用の型枠をつくり込む型枠大工に対し、柱や梁などの主要構造部を木材で組み立てるのが木造大工です。
型枠大工はマンションやビル、学校・病院などの中層から高層の建築物を扱いますが、木造大工は一般住宅や2階建て程度の木造アパートなど低層住宅をメインに施工を行います。
大きな違いとしては、端的にいうとコンクリートを扱うか木材を扱うかという点が挙げられます。
また、取り扱う道具においても違いがあり、木造大工で頻繁に用いるカンナやノミは型枠大工ではほとんど使用しません。

2.型枠大工と造作大工

造作大工とも異なる部分があります。
造作とは主要構造部以外の壁や床、天井などのことです。
造作大工は主にRC造および木造建築物の内部の造作を仕立てる大工のことをいいます。
型枠大工がスピード重視で作業を行うことに対し、造作大工は細かい部分の仕上げなどで精度を求められるため、入念に作業を行う傾向にあります。
その他にもさまざまな違いがありますが、コンクリートづくりの建物においては、私どもが第一線で活躍していることを知っていただくとうれしく思います!

型枠工事なら弊社にお任せください!


弊社は三重県亀山市に営業所を置き、同県中部・北部から愛知県名古屋市までを業務エリアとしている土木工事業者です。
橋梁やトンネル・オフィスビルなどを始めとした大型建造物の型枠大工を行っており、持ち前の高い技術力で社会に必要なインフラを支えております。
私どもは一つ一つのお仕事に真摯に向き合い、将来利用する人々を想いながら、安心安全な建物を実現すべく日々努力を重ねております。
型枠工事でお困りの際は、お問い合わせページよりぜひお声がけください。

型枠大工を募集中です!

就職や転職をお考えの方は、弊社と一緒に明るく快適な地域づくりに貢献してみませんか?
鳥居組では、各種建築物の型枠大工工事を一手に引き受けており、今後の事業規模の拡大を見据え、新たな職人さんを求人募集中です。
業界経験は一切不問としており、さまざまな年齢層の社員さん達が世代を超えて楽しく仕事ができるアットホームな職場です。
興味をお持ちの方は、採用情報ページよりお気軽にご応募ください。
皆様とお会いできる日を楽しみにしております!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


型枠大工なら三重県鈴鹿市の『鳥居組』へ|求人募集中!
鳥居組
〒519-0133 三重県亀山市下庄町2741-1
携帯:090-4795-4767
TEL/FAX:0595-98-5656