こんにちは!三重県鈴鹿市に本社を構え、同県を中心に型枠工事を手掛けている鳥居組です!
私どもは平成24年の創業以来、型枠大工一筋でさまざまな建物の工事を行ってまいりました。
今回のコラムでは、型枠大工の仕事内容についてご紹介いたします!

1.型枠大工とは?


型枠とはコンクリートを流し込むための枠のことで、この型枠を組み立てる職人を「型枠大工」といいます。
型枠大工は組み上げた型枠にコンクリートを流し込み、コンクリート製の建物の躯体を形成する器をつくり上げることを目的としています。
建築物に強度を与えるだけではなく、外壁などに美しい仕上げを施すこともあり、現代の建築シーンには欠かせない技術となっています。

2.型枠大工の種類

型枠大工には建築系と土木系の2種類が存在します。
建築系型枠大工は、ビルやマンションなどのコンクリート建造物の型枠作成をメインにつくります。
一方、土木系型枠大工は橋梁やトンネルなど土木工事の領域でコンクリート構造物を扱います。
高速道路の橋や新幹線の線路などに携わることもあり、公共インフラ系に関連する仕事を行うことが多いところが特徴です。
ちなみに、弊社の場合はどちらの種類においても対応が可能です。

3.どのような流れで仕事をする?

まず、図面から得られる情報をもとに、柱や壁、梁に合うように木材を加工して型枠を作ります。
そして、完成した型枠を現場に運び込み、あらかじめ墨だしをしていた位置通りに型枠を組み立てます。
最後に組み立てた型枠にコンクリートを打設して、固まったら型枠を解体するというのが一連の流れです。
高層階の建物の場合は、この工程を繰り返して2階、3階と高さを上げていきます。
以上がざっくりとした仕事内容ですが、何となくイメージは掴んでいただけたでしょうか?
ご用命の際は、いつでもご連絡ください!

型枠工事なら弊社にお任せください!


弊社は三重県亀山市に営業所を置き、同県中部・北部から愛知県名古屋市までを活動エリアとしている土木工事業者です。
橋梁やトンネル・戸建て住宅などを始めとした大型建造物の型枠大工を行っており、持ち前の高い技術力で社会に必要なインフラを支えております。
私どもは一つひとつのお仕事に真摯に向き合い、利用する人びとの未来を想いながら、安心安全な建物を実現すべく日々努力を重ねております。
型枠工事でお困りの際は、お問い合わせページよりぜひお声がけください。

型枠大工を募集中です!

就職や転職をお考えの方は、私どもと一緒に明るく快適な地域づくりに貢献してみませんか?
鳥居組では、社会に必要な建築物の型枠大工工事を一手に引き受けており、今後の事業規模の拡大を見据え、新たな職人さんを求人募集中です。
業界経験は一切不問としており、幅広い年齢層の社員さん達が世代を超えて楽しく仕事ができるアットホームな職場です。
興味をお持ちの方は、採用情報ページよりお気軽にご応募ください。
皆様とお会いできる日を楽しみにしております!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


型枠大工なら三重県鈴鹿市の『鳥居組』へ|求人募集中!
鳥居組
〒519-0133 三重県亀山市下庄町2741-1
携帯:090-4795-4767
TEL/FAX:0595-98-5656